屋根修理業者を簡単に見つけられる探し方を3ステップで解説

屋根修理業者の探し方

「屋根修理業者の探し方を知りたい」「悪徳業者に遭うのが怖い」屋根修理の業者探しでは、多くの方がこんな悩みを抱えているのではないでしょうか。一方で「地方自治体が紹介してくれた業者なら安心だけど、忙しくて時間がない」というように、業者探しに時間をかけられない方も少なくありません。

そこで今回は、屋根修理業者を簡単に見つけられる探し方を3ステップで解説していきます。手順に沿って業者を探せば、仕事や家事が忙しくて時間のない方でも、信頼できる屋根修理業者が簡単に見つかりますよ。

屋根修理業者を探す5つの方法

屋根修理の内容は緊急性が高いものも多いため、あらかじめ業者の探し方を把握しておくと安心です。ここでは、屋根修理の業者を探す方法について解説します。屋根修理業者を探す代表的な方法は、以下の5つになります。

・インターネット

・地方自治体の紹介

・知人の紹介

・地元紙やリフォーム雑誌

・チラシ・広告

雨漏り修理や台風被害といった緊急性の高い屋根修理では、業者探しに時間をかけられないためインターネットを利用した業者探しが最適です。

一方、屋根塗装などの屋根修理の業者探しに多くの時間をさける場合には、地方自治体や知人からの紹介や、リフォーム雑誌やチラシ・広告など多くの媒体から自分に合った業者を探すのも有効でしょう。

屋根修理業者を簡単に見つけられる探し方【3ステップ】

仮にそこまで緊急性の高くない屋根修理であっても、業者探しに時間はかけたくないもの。ここでは、忙しくてゆっくり業者を探す時間がない人のために、屋根修理業者を簡単に見つけられる探し方をご紹介します。

屋根修理の業者を簡単に見つけるには、インターネットを利用して以下の3ステップで業者を探します。

・「屋根の修理内容+地名」で検索

・業者の職種を確認

・業者の口コミを確認

それでは、ひとつずつ解説していきます。

【ステップ1】「屋根の修理内容+地名」で検索

インターネットで屋根修理の業者を探す際には「屋根の修理内容+地名」で検索しましょう。たとえば以下のように検索します。

・屋根修理 地名

・雨漏り修理 地名

検索ワードには、修理内容だけでなく地名も必ず入力するようにしましょう。建物の建築地から距離の近い業者に修理を依頼することで、以下のようなメリットがあります。

・すぐに来てくれる

・余計な費用がかからない

雨漏り修理など緊急性の高い修理では、素早い対応が求められるため地域の業者に修理を依頼するのが必須になります。また建物の建築地から距離のある場合には、修理費用に交通費が加算されることもあるため注意しましょう。

なお、インターネットで屋根修理業者を検索する際には、GoogleやYahoo!検索のほかにも「屋根修理の匠」もおすすめです。

【ステップ2】業者の職種を確認

地域の屋根修理業者がピックアップできたら、次は業者の職種を確認しましょう。

あまり知られていませんが、屋根の修理業者は専門分野ごとに職種が分かれています。たとえば、以下のような職種があります。

・屋根の塗り替え(塗装屋)

・屋根の葺き替え・カバー工法(瓦屋)

・棟包みなどの板金交換(板金屋)

・雨漏り修理

屋根修理業者は、一つの職種に特化した業者や複数の職種に対応できる業者など、業者によって屋根修理の対応範囲は大きく異なります。このように、検討中の屋根修理に適した業者を選ぶためには、修理内容に合った職種の確認が欠かせません。

【ステップ3】業者の口コミを確認

検討している屋根の修理内容に適した業者が絞りこめたら、最後に業者の口コミをチェックしましょう。

口コミからは、打ち合わせから工事完了まで業者における多くの情報が読み取れるため、業者選びの判断材料として非常に参考になります。口コミを参考に複数の業者も比較できるため、それぞれの業者に依頼した場合のメリット・デメリットが簡単にイメージできます。

なおサイトによっては、口コミ情報の記載がないサイトもあります。このような場合、口コミではなく職人の写真や経歴などから業者を決めることになるため、安心して業者を選ぶことが難しくなるでしょう。

インターネットで屋根修理業者をチェックするポイント4つ

インターネットで屋根修理業者を選ぶ際には、どのようなことに注目すればよいのでしょうか。ここでは、インターネットで屋根修理業者をチェックするポイントについて解説します。

インターネットで屋根修理業者をチェックするポイントは、以下の4つです。

屋根修理の専門業者かどうか

屋根修理の実績経験年数職人の表情や風貌業者の評価

それでは、順に解説していきます。

【ポイント1】屋根修理の専門業者かどうか

インターネットで屋根修理業者を選ぶ際には、屋根修理の専門業者かどうかをチェックしましょう。

屋根修理の業者は、大きく分けて屋根修理を専門としている業者と建物全般の修理やリフォームに対応している業者に分かれます。屋根修理に関する知識の深さや修理の実績においては、当然ながら両者には大きな差が見られます。

さらには、屋根修理における専門業者の中でも職種が分かれるため、検討する修理内容に適した職種の専門業者かどうかをしっかりとチェックしましょう。

【ポイント2】屋根修理の実績・経験年数

屋根修理の実績や経験年数についても、業者を選ぶ上で大切なチェックポイントの一つになります。

たとえば、検討している修理内容に適した専門業者であっても、実績や経験年数が浅い場合には信頼における業者とは言えません。

また、屋根修理は高所作業のため危険も伴います。屋根修理の経験が浅く屋根上での作業に慣れていない業者の場合には、転落などの事故につながるケースもあります。

このような最悪のケースを回避するためにも、屋根修理における実績や経験年数を必ずチェックしましょう。

【ポイント3】職人の表情や風貌

職人の表情や風貌もチェックも忘れてはいけません。

当然のことながら、実際に屋根を修理するのは営業担当ではなく職人です。事前にインターネットで職人の表情や風貌を把握していれば、工事中も安心して工事を任せられるでしょう。

しかし、営業担当の記載はあっても、職人の表情や風貌まで記載されているサイトはそこまで多くありません。表情や風貌はもちろん、サイトによっては職人からのコメントを記載している場合もあるため、特に高齢の方や女性一人暮らしの方は、このようなサイトを活用しましょう。

【ポイント4】業者の評価

インターネットで屋根修理業者を選ぶにあたり、業者の評価は最も重要なチェックポイントといえます。

業者の評価には、実際に工事をしたお客様の声がそのまま反映されています。業者の評価をチェックする場合には、変な先入観を持たず良い評価だけでなく悪い評価にも目を向けましょう。

もし同じ修理内容を依頼したお客様の評価が記載されていれば、業者選びの大きな判断材料になることは間違いありません。

屋根修理の悪徳業者を見分けるテクニック

インターネットで屋根修理業者を探すにあたって心配なのは、悪徳業者の存在ではないでしょうか。そこでここでは、悪徳業者の被害に遭わないために、屋根修理の悪徳業者を見分けるテクニックを解説します。

屋根修理の悪徳業者を見分けるテクニックは、以下の2つです。

・屋根修理の費用相場を把握

・業者の口コミをチェック

それぞれくわしく解説していきます。

【テクニック1】屋根修理の費用相場を把握

屋根修理の悪徳業者を見分けるためには、屋根修理にかかる費用の相場を把握しておくことが大切になります。屋根修理にかかる費用の相場は、以下のとおりです。

屋根材の部分交換:1〜5万円

板金部の部分交換:3~10万円

漆喰の補修・充填:3〜10万円

雨漏り修理:5〜50万円

屋根塗装:50〜100万円

屋根の葺き替え:100〜300万円

屋根のカバー工法(重ね葺き):80〜150万円

このような屋根修理の費用相場を事前に把握しておけば、キャンペーンや特別値引きといった価格面の悪徳業者による被害を予防できます。これらの価格は、屋根の面積や形状、さらには建物の立地条件によっても異なるため、大体の金額を把握しておけば悪徳業者の対策としては十分でしょう。

【テクニック2】業者の口コミをチェック

業者の口コミチェックは、悪徳業者対策にも有効です。業者の口コミをチェックする際には、以下の点に注目してください。

・評価の高い口コミに偏っていないか

・キャンペーンなど価格面の口コミに偏っていないか

・定期的に口コミが更新されているか

評価の高い口コミや、キャンペーンなどの価格面を強調した口コミが多く見られる場合には、口コミの改ざんに注意が必要です。また、短い期間に口コミが集中しており更新が滞っている場合も、悪徳業者の可能性が高いため注意しなければなりません。

このように業者の口コミには、悪徳業者を見分けるヒントが多く隠されているため、細かい部分までしっかりとチェックしましょう。

屋根修理を業者に依頼する前にすべきこと

屋根修理をする業者が決まったからといって、すぐに屋根修理を依頼してはいけません。ここでは、屋根修理を業者に依頼する前にしておくべき以下の3つについて解説します。

・新築時の保証内容を確認

・雨漏り修理を業者に依頼する前に準備すべきこと

・屋根種類全般を業者に依頼する前にすべきこと

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

【1】新築時の保証内容を確認

屋根修理を業者に依頼する前に、まず新築時の保証内容を確認しましょう。

たとえば、ハウスメーカーで新築した住宅でまだ築年数が浅い場合には、屋根修理に対して保証が適用になるかもしれません。メーカーの保証が残った状態で、ハウスメーカーに声をかけずに他社の業者で屋根を修理してしまうと、その後のメーカー保証が無効になる可能性も考えられます。

屋根を修理する際には、事前に必ず新築時の保証内容を確認し、必要に応じて新築時のハウスメーカーや工務店に連絡しましょう。

【2】雨漏り修理を業者に依頼する前に準備すべきこと

・雨漏り修理を業者に依頼するにあたって、以下のものを確認・準備しておきましょう。

・雨漏りの発生日時

・雨漏り発生からその後の経過現在の雨漏り状況

・雨漏り発生時の写真や動画

雨漏り修理を業者に依頼する際は、雨漏りの発生日時やその後の経過、さらに現在の雨漏り状況などを報告することになるため、事前に情報を整理しておくことをおすすめします。また余裕があれば、雨漏り発生時の状況を撮影して写真や動画に残しておくと、スムーズに業者へ報告できます。

【3】屋根修理全般を業者に依頼する前にすべきこと

屋根修理全般(雨漏り修理を含む)を業者に依頼するにあたって、以下のものを確認・準備しておきましょう。

・屋根の状態を確認(無理なく確認できる範囲で)

・平面図など住まいの図面

・築年数

・屋根材の種類

・屋根の工事履歴

業者に修理を依頼するにあたり、無理なく確認できる範囲で屋根の状態を確認しましょう。屋根にのぼって状態を確認する必要はありません。少しでも危険を感じたら、無理をせず屋根点検を業者に依頼しましょう。

また、住まいの図面や築年数、屋根材の種類などに関する正確な情報があれば、それらに応じた屋根修理やリフォームを提案してもらえます。これまでに屋根の工事履歴がある場合には、合わせて業者に伝言しておきましょう。

【まとめ】職人の顔が見えるサイトで安心・安全な業者探しを

今回は、屋根修理業者を簡単に見つけられる探し方を3ステップで解説しました。

屋根修理業者の探し方には、大きく5つの方法がありますが、インターネットを利用した業者選びが最も簡単で時間的な制約もありません。ただ闇雲にインターネットで業者を検索するのではなく、地名や職種、業者の口コミなどをしっかりと確認した上で、屋根修理の実績や経験年数といったポイントを押さえて業者を選ぶことが大切です。

また業者選びの際には、悪徳業者にも注意が必要です。事前に屋根修理にかかる費用の相場を把握することで、悪徳業者を見分けることができるので、高い確率で悪徳業者による被害を避けられるでしょう。

インターネットを利用して屋根修理業者を探す際には、実際に工事する職人の表情や風貌もチェックしておきたいものですよね。「屋根修理の匠」では、全国の優良な屋根修理業者を都道府県別に写真付きで紹介しています。屋根修理を専門とする経験豊富な職人一人ひとりのメッセージも掲載しているので、より安全に信頼できる屋根修理業者を短時間で探すことができます。屋根修理をご検討の際には、ぜひ一度「屋根修理の匠」でのぞいてみてくださいね。

優良屋根修理業者を探す

PAGE TOP