屋根修理における屋根葺き替え工事の価格・費用相場について

葺き替え工事は屋根工事の中でも最も大掛かりな工事となります。
やはり気になるのは葺き替え工事にかかる費用ではないでしょうか?
最終的な金額は現地調査を行い、正確な面積を計測し、現在の屋根の状況を確認してからになりますが、費用を計算するにあたり、費用を決める項目、目安となる単価というものがあります。


価格相場、そして計算方法を知っておけば、悪徳業者による高額な見積もりを見抜く事ができるようになるので、ぜひ知っておいてください。

 葺き替えの金額を決める項目

葺き替えの金額を決める項目はいくつかあります。
項目毎に説明します。

 既存の屋根材撤去費用
葺き替えは下地だけでなく屋根材まで新しいものに取り替えるので、既存の屋根材は全て取り外します。
既存の屋根材を利用する「葺き直し」では発生しない費用ですが、葺き替えでは必ず必要となる項目です。

 既存の屋根材処理費用
撤去した既存の屋根材の処理にも費用が発生します。
2004年以前に作られたカラーベストやコロニアルの場合、素材にアスベストが含まれている可能性があります。
アスベストが含まれている場合、届け出が必要となりますし、別途アスベスト処理費用が発生します。

 下地の補修費用
野地板、またはコンパネと呼ばれる下地が傷んでいる場合、状況に応じて補修を行います。
もし、過去に雨漏りが発生した事がある場合は、下地が腐食している可能性が高いです。
施工内容としては、下地を取り替えるのではなく、既存の下地の上から新しい板を重ねて貼り付ける方法が一般的です。

 防水シート費用
既存の下地が綺麗な場合、もしくは下地補修が完了した後に、下地の上にルーフィングと呼ばれる防水シートを貼り付けていきます。
雨漏りを防ぐという点では屋根材より重要な箇所になります。

「屋根の寿命はルーフィング材で決まる」

ルーフィングは重ねて貼り付ける必要があるので、必要となるルーフィングの面積は、実際の屋根面積より大きくなります

 新しい屋根材費用
新しい防水シートを屋根一面に貼り付け終えれば、その上に新しい屋根材を設置していきます。
屋根材は非常に多くの種類がありますが、屋根材によって金額は異なります。
金額やご自身のご要望に沿った屋根材かどうかだけでなく、施工後のメンテナンス等も含めて、長い視点で屋根材を決めるようにしましょう。

 その他の工事費用
棟や雨樋、雪止めのような屋根材以外の設置には別途費用がかかります。
作業の一つ一つを詳細に計算し見積もりを出してくれる業者もいれば、「その他工事一式」とまとめて見積もりを出す業者もいます。
見積もりは屋根工事業者がお客様に対して「この工事をします」と施工内容を明らかにする書類なので、項目が「一式」となっている場合は必ず詳細を尋ねてください
後になって「一式には○○という工事は含まれていない」と言われてしまってはトラブルの原因となってしまいます。

 足場代
勾配がきつい屋根の工事には、足場が必要となる場合があります。
また、勾配がきつくない屋根でも、周辺の状況や環境によっては、足場を組んで作業した方が良い場合もあります。

 管理費用、および諸経費
実際の工事以外に必要となる費用です。
作業中に車を近隣に駐車しておく際の駐車場代や、ゴミや廃材の運搬費用などが該当します。

 葺き替え費用の単価

上記で葺き替え工事に必要な項目をご説明しましたが、それぞれの項目毎の単価は以下の表のようになります。
単価は業者毎に違いますし、使用する屋根材や施工する屋根の形状によっても変わってきます
以下の表は、葺き替え達人を通して葺き替え工事をご依頼いただいた事例の相場となります。

 葺き替え工事の価格例

以下の見積もり事例は、葺き替えの達人を通してご依頼いただいた葺き替え工事の実際の見積もり事例となります。
業者によって項目も単価も変わりますので、同じ平米で同じ屋根材を使用しても若干金額に差が出るとは思いますが、参考にしてください。

・屋根面積100平米 瓦からガルバリウムへの葺き替え

・屋根面積120平米 スレートからガルバリウムへの葺き替え

 適正価格で信頼できる葺き替え業者に依頼するには?

葺き替え達人でも、葺き替えについてのお問い合わせやご相談を多くいただきますが、やはりほとんどの方が気にされるのが「価格」と「信頼できる業者かどうか」の2点です。
適正価格で信頼できる業者に葺き替え工事を依頼するためには、複数業者から相見積もりをとる事が必須です。
さらに、比較検討する業者に大手メーカーや工務店を含めず、職人直営店のみから相見積もりをとる事でその精度は向上します

「絶対に葺き替えを依頼してはいけない業者」

葺き替え達人に登録している屋根工事業者は、全て職人直営店となります。
信頼できる複数の職人直営店から相見積もりをとり、じっくり比較検討して葺き替え工事を依頼してください。

 


PAGE TOP