化粧スレート(カラーベスト・コロニアル)の葺き替え時期は?

化粧スレートは、日本の住宅の屋根に一番多く使用されている屋根材です。
一般的には、化粧スレートという名前よりもカラーベスト、コロニアルという名前の方が知られているかもしれませんね。
余談ですが、カラーベストもコロニアルも、パナソニックとクボタが出資しているケイミュー株式会社の製品名、商品名です。

化粧スレートとはセメントに繊維を混ぜ込んで固めた屋根材で、日本瓦と比較しても軽量で耐震性に優れ、価格も安く施工も容易という沢山のメリットがあります。
カラーバリエーションが豊富なのも人気の一因ですね。
しかし、メンテナンスが必須である事、割れやすく色褪せが目立ちやすいといったデメリットもあります。

そんな化粧スレート(カラーベスト・コロニアル)ですが、耐用年数は20年程とされています。

築年数が20年を迎えたお客様から、屋根修理の匠にも多くの相談が寄せられます。
「スレートの苔やカビがひどく、近所の屋根業者に葺き替えをしないといけないと言われた」
「コロニアルにヒビが入っているので、すぐに葺き替えた方が良いの?」
「塗装屋に、耐用年数を過ぎてるのですぐに屋根塗装しないとダメと言われた」
などです。

たしかに化粧スレートの耐用年数は20年程度というのは本当ですが、基本的な考え方が間違っています。
それはなぜか?
屋根の耐用年数とは、化粧スレート(カラーベスト・コロニアル)の耐用年数ではないからです。

仮にスレート材が割れていたりヒビが入っていたり、数枚欠けていたとしても、下地の上に敷いてあるルーフィングがしっかりしていれば雨漏りは起こりませんし、早急に葺き替えをする必要はありません

「屋根の寿命はルーフィング材で決まる」

しかしながら、雨漏りが起こる前に屋根にメンテナンスを行うというのは非常に有益な事です。
以下で、何を目的として屋根の工事を検討したかのパターン別に、最適な対処方を見ていきましょう。

 屋根の美観が気になる・屋根を綺麗にしたい

屋根の美観が気になって葺き替えを検討されている方は、屋根の耐用年数までまだまだ年数がある場合は、葺き替えより屋根塗装がおすすめです。
ただし、築20年を過ぎた状態での屋根塗装は、結局数年後に葺き替えを行わないといけない状態になる可能性があります。
そうなると屋根塗装を行ってしまうのはもったいないです。

屋根塗装の耐用年数は7〜10年程度ですので、屋根の耐用年数が10年以上ある場合は、屋根塗装を行い塗装が再び剥げてきた頃に、改めて葺き替えを検討されても良いでしょう。

 雨漏りが発生する前にメンテナンスしたい

まずお考えいただきたいのが、もし雨漏りが発生したとして、すぐに家の柱や梁が腐食して家が崩れてしまうのでしょうか?
当然そんな事はあり得ないですし、雨漏りも雨が止んでしまえば乾燥するので止まります。

ただし、雨漏りを放置してしまえば、雨水が侵入した箇所から微生物が繁殖し、柱や梁を食べて分解するので腐食が進んでしまいます。
では、柱や梁が危険な状態になるまでにはどれくらいの期間がかかるのでしょう?
さすがに1年以上放置してしまえば危険ですが、1日〜1週間では危険な状態にまでは決して至りません

そう考えると、初めて雨漏りが発生したからといって、早急に葺き替えをしないといけないという訳ではないというのはお分かりいただけると思います。

化粧スレート(カラーベスト・コロニアル)の耐用年数である20年以内の雨漏りの場合は、雨漏り箇所の修理で十分なのです。
20年を過ぎており、雨漏り箇所を修理してもまた別の場所から雨漏りが発生する、といった場合は、屋根の寿命が来たと考えましょう。

屋根の寿命とは、屋根材の寿命ではなく、ルーフィングの寿命を指します
化粧スレート(カラーベスト・コロニアル)の耐用年数を迎えたら、葺き替えではなくまずはルーフィングをチェックする、実はこれが正解なのです。

本来であれば、屋根材が耐用年数を迎えたとしても、美観さえ気にしなければルーフィングさえ交換すれば大丈夫なのです。
しかし、ルーフィングは屋根材の下に敷いているので、屋根材を取り外さずにルーフィングのみの交換を行うのは物理的に不可能です。
どちらにしても屋根材も取り外す、だから「葺き替えをしよう」となるのです。

実は、屋根工事業者はこの事をあまり皆さんにお伝えしたがりません
理由は簡単、仕事が減ってしまうからです。

しかし、逆にここまできちんと説明してくれる屋根工事業者は、信用しても良い優良な屋根工事業者と言えるでしょう。

屋根修理の匠でも、お問い合わせやご相談を受けた際には、必ず築年数をお伺いします
それはルーフィングの経過年数を把握したいためです。
最終的には職人による現地調査を行わないと正確な判断はできませんが、築年数と雨漏りの有無、屋根の状況をお伺いすればある程度の状況は把握できます。

繰り返しになりますが、よほどの事情が無い限りは、早急に葺き替えを行わないといけないという事はありません
複数業者から相見積もりをとり、じっくり比較検討する時間はあります。
急かされて訪問業者に依頼してしまうような事は絶対にしないでください

「絶対に葺き替えを依頼してはいけない業者」

葺き替えは決して安い工事ではありません。
慎重に検討し、信頼して葺き替え工事を任せる事ができる業者を探しましょう。


PAGE TOP