エコグラーニとはどのような屋根材?

近年人気を集めている屋根材、「エコグラーニ」。
エコグラーニ屋根はまだ普及中の段階なので、「名前は聞いたことがあるけれど……」という方も多いでしょう。エコグラーニ屋根にはいくつものメリットがあります。
新築やリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

エコグラーニ屋根

エコグラーニ屋根とは

エコグラーニ屋根とは、株式会社ディートレイディングが販売している屋根材の一種です。
性能的には、屋根材としてすでに浸透している「ガルバリウム鋼板」と同じ程度と考えて良いでしょう。
しかしエコグラーニ屋根ならではのメリットも多いので、次の章で詳しく紹介します。

エコグラーニ屋根のメリット7つ

エコグラーニ屋根には主に7つのメリットがあります。
「30年保証」「耐久性に優れている」「軽量」「リフォームに便利」「見た目がきれい」「落雪しにくい」「雨音が響きづらい」について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

30年保証

エコグラーニ屋根の大きな特徴は、30年保証であること。
他の屋根材と比較してもかなり長めなので、悪天候が続いたり自然災害があったりしても安心ですね。

耐久性に優れている

エコグラーニ屋根の基材は「ジンカリウム鋼板」。ジンカリウム鋼板には約55%もアルミニウムが含まれているため、高い耐久性を誇ります。
トタン屋根と比較すると、エコグラーニ屋根の耐久性は約3~6倍。劣化しにくいので、機能性はもちろん外観もきれいに保てるでしょう。

軽量

エコグラーニ屋根は他の屋根材と比べて軽量です。
スレート屋根が約18.0kg/㎡、瓦屋根やセメント瓦屋根が約50.0kg/㎡なのに対して、エコグラーニ屋根の重量は約5.8kg/㎡程度。半分以上の軽さなので、耐震性の大幅な向上が期待できます。

屋根の軽量化は何故必要? 行政が推進する理由とは?

リフォームに便利

エコグラーニ屋根は軽量なので、リフォームの際も便利です。
エコグラーニ屋根が乗っていれば、その上から新しい屋根材を重ねる「カバー工法」が最適でしょう。リーズナブルで工期が短いのもうれしいですね。
最近では、スレート屋根や瓦屋根からの葺き替え依頼も増えています。地震が頻発する国だからこそ、軽量な屋根材で建物の耐震性を上げてください。

見た目がきれい

エコグラーニ屋根のカラーバリエーションは4種類。

・オニキス

エコグラーニオニキス

・ツィードグレー

エコグラーニツイードグレー

・カフェ

エコグラーニカフェ

・エバーグリーン

エコグラーニエバーグリーン

それぞれのネーミングもとてもおしゃれ。和風や洋風など家の雰囲気に合わせてお選びください。
またおしゃれなデザイン性も注目されています。表面には細かな石粒をコーティング。セラミックコートで加工しているので、美しい色合いを長期間保てるでしょう。
ガルバリウム鋼板を検討されている方は「機能性は良いのだけど見た目がちょっと……」とお悩みになることがあるのですが、エコグラーニ屋根を紹介すると「ガルバリウム鋼板と同じくらい優秀なのに高級感があっておしゃれ!」とご満足されることが多いです。

機能性とデザイン性の両立は、屋根材選びのポイントともいえそうですね。

落雪しにくい

エコグラーニ屋根の表面の石粒には、熱を蓄える性質と、強力な摩擦抵抗があります。
雪の氷結を防ぎ、雪の塊が落ちてくるのを防ぐため、特に豪雪地域では大きな効果を実感できるでしょう。
雪下ろしは何かと危険がともなうもの。エコグラーニ屋根で、思わぬ怪我や事故のリスクを回避してください。

雨音が響きづらい

屋根材によっては、雨音がリビングに響くことがあります。大粒の雨が打ちつけると、会話さえままならないことも……。
エコグラーニ屋根にコーティングされた石粒には、凹凸があります。雨が当たった瞬間に粒を細かく分散するので、激しい雨でも音をうまく打ち消してくれるでしょう。

エコグラーニ屋根のデメリット2つ

いくつものメリットがあるエコグラーニ屋根ですが、一方でデメリットも存在します。
「価格が変動することがある」「断熱材が入っていない」の2点について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

価格が変動することがある

エコグラーニ屋根は、海外からの輸入商材です。主にアメリカ、ニュージーランド、韓国などから輸入するのですが、輸入と言う特性上、タイミングによっては在庫がなかったり価格が高騰したりすることもあるのでご注意ください。
エコグラーニ屋根での施工を考えているなら、業者に相談して、最新の情報をチェックしましょう。

断熱材が入っていない

エコグラーニ屋根には断熱材が使われていません。
他の金属屋根であれば、屋根材の裏側に断熱材を使用するのが一般的です。そのため屋根材による断熱効果向上を考えている方はご注意ください。
しかし、「まったく断熱できない」というわけではありません。
屋根材と下地の間には空気の層があり、表面にコーティングされた石粒の凹凸との相乗効果で、熱伝導率は低いとされています。熱伝導率が低いと断熱効果も期待できるので、そこまで極端に「夏は暑すぎるし冬は寒すぎる!」という事態にはならないでしょう。

エコグラーニ屋根がおすすめの家庭

エコグラーニ屋根は、優れた機能性とおしゃれなデザインから、近年ニーズが高まっている屋根材です。
新築やリフォームを検討している方は、エコグラーニ屋根と他の屋根材とで迷うこともあるでしょう。
ではエコグラーニ屋根がおすすめの家庭について、3つのパターンを紹介します。

長期間安心して住みたい家庭

エコグラーニ屋根の保証年数は30年です。一般的な屋根材の保証は10~15年が多いので、その期間は2倍以上。
保証期間が長いと安心して住宅に住めますね。

コストが気になる家庭

住宅の性能をよい状態にキープするためには、なにかと費用がかさむもの。
エコグラーニ屋根なら十分な耐久性があるので、塗り直しや補修などのメンテナンス費用を抑えることが可能です。
またリフォーム時には「カバー工法」が使えるので、施工費用もリーズナブル。浮いたお金で家族旅行に行ったり将来のために貯蓄したりなど、夢がいろいろ広がりそうですね。

豪雪地帯の家庭

エコグラーニ屋根の表面にコーティングされた、細かな石の粒。この石粒には摩擦効果があるので、屋根に雪が積もっても塊になって落ちることはほとんどありません。
毎日の雪下ろしは労力がかかるうえ、事故のリスクもあります。
エコグラーニ屋根を設置しているだけで、雪のシーズンも快適に暮らせるでしょう

雪の降る地域におすすめの屋根修理とは?工法や屋根材選びが重要

まとめ

エコグラーニ屋根は、最近普及してきた輸入商材です。
メリットは主に「30年保証」「耐久性に優れている」「軽量」「リフォームに便利」「見た目がきれい」「落雪しにくい」「雨音が響きづらい」の7つで、デメリットは「価格が変動することがある」「断熱材が入っていない」が挙げられます。
悪天候や自然災害など、万が一の事態は誰にも予測がつかないものです。だからこそ、30年も保証期間を設けているというのは大きな安心材料になるでしょう。また、耐久性が良く、リフォームの際もコストパフォーマンスに優れているというのは家計的にも助かるもの。
屋根修理の匠は、エコグラーニ屋根の施工やリフォームを扱っています。まだ普及段階の屋根材だからこそ、正しい知識を持って正確に施工できる職人は限られています。弊社にはエコグラーニ屋根の施工に慣れた職人が多数在籍しているので、安心してお任せください。
エコグラーニ屋根を活用して、快適な住まいをつくりましょう。

優良屋根修理業者を探す

PAGE TOP

LINEでかんたん
問い合わせ&職人案内