ガルバリウム屋根ってどんな屋根材?特徴やメリット・デメリットを徹底解説

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム屋根は、軽量でサビに強く高い耐久性を持った屋根材のことをいいます。しかし、これだけの情報でガルバリウム屋根にリフォームするのは少し気が引けますよね。そこで今回は、ガルバリウム屋根の特徴やメリット・デメリットなどについて解説します。ガルバリウム屋根のことをしっかり理解すれば、ガルバリウム屋根で住まいをリフォームすべきかどうかがわかります。

ガルバリウム屋根とは?

ガルバリウム屋根とは、「ガルバリウム」という合金でメッキされた鋼板(鉄)でできた屋根のことをいいます。ガルバニウムは、「ガルバ」「ガルバ二ウム」とも呼ばれています。

ガルバリウム屋根で使われている「ガルバリウム鋼板」は、アルミと亜鉛が鋼板(鉄)を守っているため、高い耐久性が特徴です。

それまでメッキ製品は「トタン屋根」が主流でしたが、トタンにアルミを加えて耐久性をさらに増した「ガルバリウム鋼板」が取って代わる形となりました。

ガルバリウム屋根の性能と耐用年数

ここでは、ガルバリウム屋根の性能と耐用年数について解説します。

ガルバリウム屋根の性能

ガルバリウム屋根はサビに強く、高い耐久性や防火性を持っています。

屋根材1枚あたりの重さが約4.0kgと金属の屋根材では最も軽量で、屋根のカバー工法(重ね葺き)では、建物の耐震性低下を抑制する屋根材として重宝されています。

ガルバリウム屋根の耐用年数

ガルバリウム屋根の耐用年数は、30〜40年が目安です。耐用年数を迎えた際のメンテナンス方法としては、屋根の葺き替えが推奨されています。

ガルバリウム屋根の葺き方3つ(勾配屋根)

金属屋根を用いた屋根工事では、屋根材の葺き方を選択できるのも魅力の一つです。自分好みの葺き方を選べば、満足のいく外観に仕上げることもできます。

ここでは、勾配屋根におけるガルバリウム屋根の葺き方について解説します。ガルバリウム屋根には、以下3種類の葺き方があります。

  • たて葺き
  • 横葺き
  • 差込葺き

それぞれの特徴について解説していきます。

【1】たて葺き

「たて葺き」とは、屋根の勾配に対してガルバリウム屋根を縦向きに施工する方法のことをいいます。ガルバリウム屋根の特徴であるシンプルかつスタイリッシュなデザインも演出できます。

板金とのつなぎ目がなく、軒先にも雨水が溜まらない形状になっているため、防水性が高く雨漏れ体制の高い屋根の葺き方といえます。

【2】横葺き

「横葺き」とは、屋根の勾配に対してガルバリウム屋根を横向き(平行)に施工する方法のことをいいます。横葺きには「段葺き」と「平葺き」といった二つの葺き方があります。

  • 段葺き:屋根材を段々に配置する葺き方
  • 平葺き:屋根材をフラットに配置する葺き方

このように、横葺きは多彩なデザインが可能となり、豊富なパターンがあります。しかし、屋根材が重なる箇所が多いため、勾配の緩やかな屋根では、雨水などの水捌けに支障が出る可能性があります。

【3】差込葺き

「差込葺き」とは、既存の屋根にガルバリウム屋根を差し込む施工方法のことをいいます。

差込葺きは、シンプルな施工方法が特徴ですが、一方で屋根の下地にあたるルーフィングシート(防水シート)を交換できないというデメリットもあります。

また屋根のカバー工法(重ね葺き)同様に、屋根が二重になり建物に対する負荷が増えるため、建物における耐震性の低下も不安視されます。

ガルバリウム屋根のメリット4つ

ここでは、ガルバリウム屋根のメリットについて解説します。ガルバリウム屋根のメリットは、次の4つです。

  • 耐久性が高い
  • 軽量で建物への負荷が少ない
  • 加工しやすい
  • 汚れやコケがつきにくい

ひとつずつくわしく見ていきましょう。

【メリット1】耐久性が高い

ガルバリウム屋根は、高い耐久性を持っています。

ガルバリウム鋼板は、亜鉛鉄板の犠牲防食機能(※)と耐久性の高いアルミの特徴を併せ持っているためサビに強く、耐久性はトタン屋根の3〜6倍に相当します。

塩害が心配される海岸地域だけでなく、大雪に対しても高い耐久性を誇るため積雪地方でも広く採用されています。しかし、経年劣化でサビは生じるため、他の屋根材同様に定期的なメンテナンスは必須です。

※ 亜鉛が鉄(鋼板)の代わりに犠牲となって腐食することで、鉄(鋼板)の腐食を防ぐ機能

【メリット2】軽量で建物への負荷が少ない

ガルバリウム屋根は、厚み1〜3mm程度の薄い金属板で、1枚あたり4.0kgと非常に軽量です。その重さは瓦屋根に比べて1/10程度しかないため、建物への負荷を最小限に留め、耐震性の低下を抑制できます。

このためガルバリウム屋根は、瓦屋根からの葺き替えによる屋根の軽量化はもちろん、屋根のカバー工法(重ね葺き)など重量が心配される工事で多く採用されています。

【メリット3】加工がしやすい

前述の通り、ガルバリウム屋根は厚み1〜3mmほどの薄い金属板であるため、さまざまな形状に容易に加工できます。

特異な形状の屋根にも対応ができるだけでなく、意匠性の高い屋根にすることもできるため、非常に自由度が高い屋根材と言えるでしょう。

【メリット4】汚れやコケがつきにくい

屋根材の表面が滑らかで、湿気や水分の吸収が少ないガルバリウム屋根は、汚れにくくコケやカビが生えにくいといった特徴を持っています。

しかし、屋根材表面のツヤをなくしている「ツヤ消しタイプ」は汚れが付着しやすいため、汚れが気になる場合には「ツヤありタイプ」のガルバリウム屋根がおすすめです。

ガルバリウム屋根のデメリット4つ

一方で、ガルバリウム屋根にもデメリットが存在します。ガルバリウム屋根のデメリットは、次の4つです。

  • 断熱性能が低い
  • 遮音性能が低い
  • 変色することがある
  • 工事費用が高め

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

【デメリット1】断熱性能が低い

ガルバリウム屋根は、金属のため屋根材自体に断熱性能がありません。

スレート屋根や瓦屋根などに比べて断熱性能が低いため、ガルバリウム屋根の工事では断熱材を一緒に施工することが一般的となっています。

【デメリット2】遮音性能が低い

ガルバリウム屋根は、厚みが1〜3mmと非常に薄い金属板のため、遮音性能が低く室内に音が響きやすいという特徴があります。

梅雨時期の雨音など、室内で屋根の音が気になる場合には、屋根工事の際に防音材などの施工を検討しましょう。

【デメリット3】変色することがある

ガルバリウム屋根は、アルカリ性に弱いため変色することがあります。

たとえば、長期間にわたってガルバリウム屋根に枯れ葉や木くずなどが付着していると、これらに含まれる酢酸が原因で屋根が変色してしまうため、建物の立地によって屋根のこまめな点検が必要です。

【デメリット4】工事費用が高め

屋根工事にガルバリウム屋根を採用した場合、他の屋根材に比べて工事費用が高くなる傾向があります。たとえば、スレート屋根との1㎡あたりにおける工事費用の比較は、次のとおりです。

屋根材 工事費用/㎡
スレート屋根 4,500〜8,000円
ガルバリウム屋根 5,000〜10,000円

 

しかし、ガルバリウム屋根には「高い耐久性」や「メンテナンスが容易」などメンテナンスコストを削減できる特徴があるため、住まいにかかるトータルコストはスレート屋根に比べて安価になります。

ガルバリウム屋根の代表的な製品7選

ここでは、ガルバリウム屋根の代表的な製品を紹介します。今回厳選したガルバリウム屋根の製品は、次の7つです。

  • スーパーガルテクト
  • 横暖ルーフS
  • スマートメタル
  • ダンネツトップ
  • 立平
  • かわらMFシルキー
  • エバールーフ

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

【1】スーパーガルテクト

「スーパーガルテクト」は、ガルバリウム鋼板製外装材のトップメーカーである「アイジー工業株式会社」の製品です。

断熱フォームと遮熱塗装が併用されており、高い断熱性能を特徴としています。夏場における屋根の表面温度は、スレート屋根に比べておよそ10℃も下がると言われており、高い断熱効果が期待できます。

【2】横暖ルーフS

「横暖ルーフS」は、屋根材のほか内装材や断熱材なども製造する総合住宅設備メーカーである「ニチハ株式会社」の製品です。

一般的なガルバリウム屋根の厚さは1〜3mm。それに対して横暖ルーフSは、0.35mmという圧倒的に薄さ実現しながらも高い耐久性も兼ね備えています。さらに屋根材の表面には遮熱塗装がされているので断熱性能の心配もありません。

【3】スマートメタル

「スマートメタル」は、2003年に「株式会社クボタ」と「パナソニック株式会社」の住宅外装建材部門が事業統合されて誕生した総合住宅設備メーカーである「ケイミュー株式会社」の製品です。

従来品に比べて3倍の防錆性がある「SGL(エスジーエル)」という素材のため、塩害による被害が心配な海岸地域の屋根にも多く採用されています。発泡ポリエチレンが裏打ちされているのも特徴の一つとなっています。

【4】ダンネツトップ

「ダンネツトップ」は、屋根材だけでなく太陽光発電に関連する商材も取り扱っている「株式会社セキノ興産」の製品です。

「ダンネツトップ」は、ガルバリウム鋼板に断熱材を貼り合わせた構造で、屋根材そのものの強度はもちろんのこと、断熱性能や遮音性能にも優れた特徴を持っています。将来的に太陽光発電を設置する際に、屋根に穴を開けずに施工できるように工夫が施されています。

【5】立平

「立平」は、大手鉄鋼メーカーのグループ会社である「JFE株式会社」の製品です。鉄鋼メーカーの強みを活かし、主に薄型鋼板を得意分野としています。

「立平」における最大の特徴は、嵌合式の施工に対応していること。「嵌合式」とは、屋根に釘などで穴を空けることなく屋根材を固定できる施工方法のことをいい、嵌合式対応による高い防水性を実現しています。

【6】かわらMFシルキー

「かわらMFシルキー」は、断熱・遮音・耐震といったガルバリウム屋根の三大特徴に拘った屋根材を製造する「福泉工業株式会社」の製品です。

「かわらMFシルキー」は、特殊な顔料を採用しているため赤外線の反射率が高く、日当たりの良い立地でも屋根の温度上昇を抑える高い遮熱性能が特徴です。アスベストを含有した屋根にカバー工法で施工した際に、アスベストの流出を抑制できる工法も選択可能となっています。

【7】エバールーフ

「エバールーフ」は、高い防錆性を持つSGLの素材メーカーである「日鉄鋼板株式会社」の製品です。

「エバールーフ」には、当然ながらSGLが採用されているためサビに強いという特徴があります。また、一枚の屋根材だけで屋根一面を継ぎ目なく施工できるため、美観も損なうことなく和洋どちらの建物にも順応できます。

ガルバリウム屋根のリフォーム費用

ここでは、ガルバリウム屋根のリフォーム費用について工法別に解説していきます。今回は、以下の工法をした場合にかかるリフォーム費用について解説します。

  • 葺き替え
  • カバー工法(重ね葺き)

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

葺き替え

屋根の「葺き替え」とは、今ある屋根材を撤去して新しい屋根材を葺くリフォームのことです。葺き替えと同時に屋根下地のメンテナンスもできるというメリットがあります。

一般的な戸建て住宅における屋根の「葺き替え」にかかるリフォーム費用は90〜130万円と言われており、内訳は次のとおりです。

工事項目 リフォーム費用(単位:万円)
仮設足場・養生 20〜30
既存屋根材の撤去 10〜15
屋根下地補修(野地板・ルーフィングシート) 10〜15
新規ガルバリウム屋根葺き(材工) 35〜40
棟包み取り付け 5〜10
軒先・ケラバ取り付け 5〜10
工事諸経費 5〜10
合計 90〜130

なお、屋根の大きさや下地の腐食具合、既存屋根におけるアスベスト含有の可否などにより、上記金額は変動するため注意が必要です。

カバー工法(重ね葺き)

屋根の「カバー工法(重ね葺き)」とは、既存の屋根をそのまま残し、その上から新しい屋根材を重ねて葺く工法のことをいいます。野地板など屋根下地のメンテナンスはできませんが、一方でリフォーム工事にかかる費用を抑えられるのが特徴です。

一般的な戸建て住宅における屋根の「カバー工法(重ね葺き)」にかかるリフォーム費用は75〜110万円と言われており、内訳は次のとおりです。

工事項目 リフォーム費用(単位:万円)
仮設足場・養生 20〜30
ルーフィングシート貼り 5〜10
新規ガルバリウム屋根葺き(材工) 35〜40
棟包み取り付け 5〜10
軒先・ケラバ取り付け 5〜10
工事諸経費 5〜10
合計 75〜110

なお屋根の葺き替え同様に、屋根の大きさなどにより上記金額は変動するので注意しましょう。

ガルバリウム屋根のメンテナンス方法

ガルバリウム屋根は、サビに強く耐久性が高いためメンテナンスは不要と思われがちですが、定期的なメンテナンスは必要です。

ここでは、ガルバリウム屋根におけるメンテナンス方法について、以下の3つを解説していきます。

  • 高圧洗浄
  • 塗り替え
  • 葺き替え

それでは、ひとつずつ解説します。

水洗い

ガルバリウム屋根は、汚れやコケなどが比較的つきにくいという特徴を持っていますが、年数が経つにつれて屋根表面の汚れが目立ってきます。

屋根の汚れが目立つ場合には、水洗いをしましょう。なお、水洗いにおいて洗剤の使用や高圧洗浄は、屋根や屋根下地を傷める原因になるため控えるようにしましょう。

塗り替え

サビに強いガルバリウム屋根であっても、経年劣化によりサビが発生します。サビが発生する前の段階にあたる屋根の「色褪せ」が見られた際には、塗り替えを検討しましょう。

屋根の塗り替えは、15〜30年前後が一般的といわれています。塗り替えの際には、同時に棟包みなど板金部の点検も行い、腐食具合に応じて板金部を補修することで雨漏れのリスクを削減できます。

葺き替え

築30年を経過したら、ガルバリウム屋根の傷みが見られなくても屋根の葺き替えを検討しましょう。理由としては、屋根の下地であるルーフィングシートが30年前後で寿命を迎えるからです。

ルーフィングシートの交換には、既存屋根を剥がす必要があるため、同じタイミングで屋根の葺き替えて屋根材を一新することが望まれます。

まとめ

今回は、ガルバリウム屋根の特徴やメリット・デメリットなどについて解説しました。

ガルバリウム屋根とは、「ガルバリウム」という合金でメッキされた鋼板(鉄)でできた屋根のことをいいます。軽量でサビに強く、高い耐久性を持つため、屋根リフォームで数多く採用されています。

しかしそんなガルバリウム屋根も、断熱性能や遮音性能においては他の屋根材に劣るといったデメリットもあります。また、一言で「ガルバリウム屋根」と言っても各メーカーで異なる製品が販売されています。

ガルバリウム屋根を選ぶ際には、プロのアドバイスが必須になります。屋根修理の匠では、ガルバリウム屋根にくわしい全国の優良な屋根業者をご紹介可能。ガルバリウム屋根を用いた屋根リフォームを検討する際には、ぜひ一度ホームページをのぞいてみてください。

優良屋根修理業者を探す

PAGE TOP